どうもこんにちはMENS GAMAZINEの管理人です。今回は人権作文の宿題で原稿用紙3枚を効率的にパクる方法についてお伝えします。

スポンサードリンク


パクる人権作文を探す

まず最初にパクる人権作文を探しましょう。ネット上にたくさん載っているので簡単です。


「埼玉県◯◯市 人権作文」などで検索すれば、その土地の人権作文が出てきます。


あなたが住んでいる場所と関係ないところの作文を選ぶのが、良いでしょう。


それから、知恵袋などで原稿用紙3枚分の例文を求めている質問があり、回答欄に例文が載せられている場合もあるので、そういったものを使うのも良いでしょう。


また受賞作品を扱う場合は、最優秀賞などを選ぶのではなく、佳作とかあまり目立たない作品の方が良いかもしれませんね。


そして当然ですが、あなたが書いてもおかしくないような内容の作品を選択するべきでしょう。

人権作文のパクリはバレるのでリライトする

基本的にコピーしてそのまま提出すると、調べれば分かります。基本的にはバレると考えておいた方が良い。


バレない時もあるかもしれませんが、それは運に身を委ねることになるし、リスクは高いです。


そこでパクってきた人権作文をリライトする作業に取り掛かりましょう。面倒臭く感じるかもしれませんが、上手にやれば、ゼロから作文を考えることに比べて楽にできるはずです。

人権作文のパクリ 原稿用紙3枚分をリライトする

原稿用紙は1枚、400文字なので、全部で1200文字です。リライトすることによって、「コピーチェック」に引っかからないようにすることが目的です。


私が見たところ、コピーチェックツールは、連続文字数と類似%を基準にコピーチェックをしています。


なので、1200文字中の、300文字だけリライトすればOKという考え方ではなく、まんべんなく書き換えて、連続文字を回避しつつ、全体の類似%を下げていく作業が必要となってきます。


実際にやってみます。


知恵袋の回答欄にある例文をリライトすることにします。


人権についてあなたは一度でも良いから考えたことはありますか。人権とはヒューマンライツ、人間が人間らしく生きるために、生来持ってる権利と辞書には書かれてある。この言葉には様々な意味が内包されてると思うが、私はその中でも差別や偏見について考えたいと思う。
私がまだ幼い頃、障害者の兄の付き添いで母親と療育施設に通っていた。施設の中には兄以上に重度な障害を持つ人たちがいて、運動したり言語訓練をしていた。本を読んだり、売店でお菓子を買うなどして、兄を待っていた私に、30代くらいの男が話し掛けてきました。その人は立って歩くことが出来ないので、廊下を腕力一つで移動している。話し方も健常者とは違う発音になっていた。


ここまでで300文字です。

実際にチェックして見ることにします。今回使うコピーチェックツールは「こぴらん」というもの。


スクリーンショット 2016-06-13 20.41.23

まずは最初に、知恵袋の回答欄にある文章をそのままコピペしてみたいと思います。


2016:06:13 08-41-46

スクリーンショット 2016-06-13 20.43.00

チェックすると、このような結果となりました。


2016:06:13 08-44-03

リンクの所から、類似していると思われるウェブ上の検索結果にジャンプすることができるのでクリックしてみましょう。


一番上の、”皆さんは「人権」について考えたことがありますか”という項目でジャンプしてみる。


2016:06:13 08-45-29

するとこんな感じで、知恵袋の回答欄に示された例文は、実は2002年に広島の方で奨励賞を受賞している「人権の意味」という作文のコピーだったことも分かってしまいました。


続いて、私が上でリライトしたものをチェックして見たいと思う。


2016:06:13 08-48-48

結果はご覧の通り。普通にコピペした時は、類似数の項目に数字が付けられていましたが、今回は無し。


そして、どのリンクをクリックしても


2016:06:13 08-49-52

このような結果に繋がるので、あなたのコピペがバレる可能性はないと思います。


勘の鋭い教師であれば、コピー基と提出した文章の類似性に気づき、真相を暴くこともあるかもしれませんが、


2002年の広島で受賞した作品に、果たしてたどり着くことができるでしょうか?


そう考えるとバレません。

スポンサードリンク


人権作文のパクリ 自分で書くorリライトする

上のリライトで使った時間は、7分程度です。300文字で7分なので、×4で、だいたい30分程度で完了する計算になります。


リライトに掛かる時間は、個人差があるので、あなたはもっと掛かるかもしれないし、もっと早くできるかもしれません。


ここで考えて欲しいのは、どっちが効率的かという部分です。仮にあなたが普通に作文を書いて3時間くらい掛かる人だとして、最初の300文字のリライトに1時間くらい掛かるのでは、普通に書いた方が早いことになります。


しかも、普通に書いてしまえば、バクったとかの心配をする必要もなくなります。普通に書いてできるのであれば、そっちの方が得です。

スポンサードリンク