どうもこんにちはMENS GAMAZINEの管理人です。

 

私は学生時代、教科の中で理科が一番嫌いでした。

 

図工や美術も大嫌いでしたが、一番は圧倒的大差で理科です。

スポンサードリンク


未だに何をする教科なのかさっぱり分かってないし、何も記憶してない。

 

雄しべと雌しべは覚えているが、これは理科か?

 

さて、そんな理科嫌いの私がタイムマシンに乗り、自由研究をしなければならなくなった時を想定して、今回の記事を書いていこうと思います。

 

本当にタイムスリップしてしまったのなら、自由研究などする前に、元の時代に戻る方法を探すか、知識の有利性を利用して、何か美味しい思いが出来ないか考えるだろうが、それはさておき、自由研究について書いていく。

理科とはなんだ

スクリーンショット 2016-06-20 20.46.06
macに付属している辞書で、理科とはなんだ!?

 

と怒り混じりに問いただしてみると以上のような回答が返ってきた。

 

ほらみろ。だから嫌いなんだよ、理科がよ。

 

意味不明なんだよ。自然界の事物・現象を学ぶ教科。んだよそりゃ。

中学の自由研究とはなんだ

小学校の自由研究では、簡単にまとめて結果を示せばOKであったが、中学になると少しレベルが上がるらしい。

 

もう少し、実験と研究結果に対する深みを求められる。

 

それが中学の自由研究のようだ。
中学の自由研究についてyoutube上で動画検索していたところ、「自由研究のテーマとまとめ方」について解説をする元中学校教師の動画を見つけた。

 

理科と同様に私は中学校教師が大嫌いだった。

 

この動画を見て、学生当時の気持ちが一気に舞い戻ってきた。

 

動画一分過ぎ。

 

自由研究は無数にあるので、

スクリーンショット 2016-06-20 20.50.59
この3つのテーマがオススメだと言い始めた。その理由は・・・

 

・安全

・1時間くらいで終わる

・私のブログに解説がある

 

ほ〜ら嫌い。この神経が本当に信じられない。

 

こんなんきいて、よし!じゃ、や〜ろおっとってなるか?ならないし!!

 

自由研究に対して熱量のない子供が多いだろうから、早く済まさせる方法を提案している形なのだろうか?

 

どちらにせよ嫌いだ。

 

そして問題なのは、私が中学生の頃から、中学教師という生き物は、こんな感じの教師ばかりだったという事実である。

 

つまり、ち〜〜〜ともガキの気持ちを汲み取れない、頭は良いんだろうが馬鹿な教師ばっかだということだ。

 

ここまで書いて、私が何に対して憤りを感じているのか理解されてない方に説明したい。

 

安全、1時間、解説あり

 

これはさ、手抜きの方法を提案してるだけでしょ?

 

こういうアイデアで自由研究してみたらどうだろうか?こんな研究をすると、こんな驚きの発見があるんだ。

 

↑これが教師として「当たり前」の立ち振舞だと思うんだが、違うんか。

 

違うんだろうな、違うから私は理科嫌いになるし、中学教師が嫌いになったわけだ。

 

それにこんなしょうもないことを、平然と動画にして発信できる人間が、チャンネル登録者数を見るとある程度支持されているという事実。

 

動画での舐めた提案をされても、何も感じずに、それで良いから終わらせようと思ってしまう人間も少なからず存在するってことか。

 

とまあ、動画の入りで完全に不快に感じた私だが、動画が全く役に立たないわけでもない。

 

元教師だけあり、「点を取るポイント」は教えてくれる。

スクリーンショット 2016-06-20 21.03.22
 

・テーマ
・テーマを選んだ理由
・準備した道具
・研究方法と手順
・結果予想
・結果に対する考察
・感想

 

これをレポート作りで書いておくと「点数」が取れるらしい。

 

抜けがちなのは「予想」でこれが抜けていると評価が下がってしまうようだ。

 

てかいいですが、点数取るためにやんのかこれ?

 

マジその時点でどーでも良い。私には関係ないと思ってる。

 

実際、中学に入ってこの手のことを提出した記憶がない。

 

やった記憶もない。

 

何が点数だよ。そんな、レポートをどのように記載したかどうかがそんなに重要かね。

 

何に着眼して、どのような研究をしたか、また成果を出したのかの方が遥かに重要な気がする。

 

10円玉を磨く?なんだそれは。そんなことをオススメにしている時点で私に言わせたらYOUが0点じゃ!!

 

てか、繰り返しになるが、結果が分かってる研究を勧めて自分のブログに誘導するってどうなん。

 

子供の好奇心とかそういう感情について、一切、無視しているけど、それで教育する立場の人間なのだろうか。マジで信じられん。

 

スポンサードリンク

自由研究のヒント

気持ちを切り替えて自由研究のヒントについて書いていきます。

 

私のようにこの手のことが苦手な子供が、ゼロから発想するのは非常に困難であろうと思います。

 

過去の入賞作品を見ながらヒントを考えよう。

 

自分にも出来そう、かつ、面白そうと思えるような研究に着手してみようじゃねえか。

スクリーンショット 2016-06-20 21.23.50
自然科学観察コンクール「シゼコン」というサイトでご覧のように、過去の作品を観ることができます。

サイトを確認する

 

卵の割れ方の研究
―どうして卵同士をぶつけると片方の卵しか割れないのか―


 

というのを見てみた。凄いです。

 

何がそこまで調べさせるのか、凄い熱量で執着して何度も何度も別の角度からの実験を繰り返しています。

研究を確認する

この研究は、研究班6人による共同研究ではあるが、個人の自由研究にしたって、根っこには、それを「知りたい」という強い衝動に突き動かされるようにしてやらなきゃ、意味ねーだろ。

スクリーンショット 2016-06-20 21.30.50
あの動画の男や、私が見てきた中学教師にもこのような指導をして欲しいものだ。

 

てかこれが当たり前じゃないのか。

スポンサードリンク