どうもこんにちはMENS GAMAZINEの管理人です。野菜ジュースを一気に飲み過ぎて、お腹が張っている状態です。

スポンサードリンク


さてこの記事では、人権作文において”いじめ”を題材に書く時のパクリ方についてお伝えしていこうかなと思います。


スクリーンショット 2016-06-29 22.11.59

このグラフは、「人権作文 いじめ パクリ」というキーワードでの検索ボリュームの動向について表されたものです。


2007年以前は特に検索されていませんでしたが、その後、毎年8月周辺になると、検索数がグンと伸びる様子が表れている。


このデータの裏に隠されている事実は何なのでしょうか?


作文をパクって始末する、その方法が一般的に広まってきているのか、怠惰な学生がどんどん増加傾向にあるのか、それとも、作文が書けない学生が増えているのか。


何が起きているのかは、私には分かりませんが、パクらなければならない生徒がいること、そして、パクらないとまともに作文が書けない生徒がいることは、間違いなさそうです。


そこでこの記事では、youtube上にアップされてある動画をパクって作文を完成させる方法についてお伝えしようかなと思います。

人権作文を動画を利用して書こう

いじめを題材にする場合、


・いじめた経験がある

・いじめられた経験がある

・クラス内のいじめを見た



など、いじめが身近にあった場合は、書きやすいかなと思う。さすがに自分が行ったいじめについて、作文に書くことはキツイと思うので、その場合は”友人の話”という設定で書けば良いと思う。


いずれにせよ、上の経験者は、いじめがテーマの作文を完成させる上では、既に周囲を一歩リードしていると自覚して、前向きに作業をして欲しい。


今回は特別、いじめを目の当たりにしていないあなたに向けて書いています。経験がないことを作文にするには、体験談や、過去の事例などの情報を集めていく必要がありますが、


それはそれで、なかなか面倒臭い作業です。ほとんどの学生が、作文以外にも学校から課題を出されているので、作文ばかりに時間を費やすわけにはいきません。


そこでまずは、動画をチェケラ。


スクリーンショット 2016-06-29 22.24.40

法務省チャンネル内に、人権啓発ビデオという動画が存在します。未だに映像コンテンツをビデオと言ってるあたり、なんか時代遅れ感が漂ってますが、それは置いといて、この人権啓発ビデオをパクることがこの記事の作戦です。


いじめに関連性のありそうな動画は、私が見た限り、わたしたちの声 3人の物語の他にも、2,3本あると思います。


その動画を見て、パクるのです。

人権作文 何をどうパクるのか

人権作文を作るには、テーマを決めて、切り口を決めて、ある程度の流れを決めて文章を書く必要があります。


テーマ:いじめ


これは既に決まっています。次に切り口ですが、実際に現場を見た経験のないあなたにとって、切り口を練ろうにも、よくしらないと思うので、この動画が活きてきます。


動画では、いじめを目撃しながらも、自分に被害が及ぶことを気にしてなかなか「やめろよ」の一言が言えない主人公の様子が描かれています。


突然の父の死により、主人公は、人間はあっさりと消えてしまうんだという事実に直面します。そして、消えること、死ぬってことがいかに悲しいことなのかをその時、理解する。


その後、主人公は、勇気を持って自分の想いをいじめっ子といじめられ子にぶつけ、その想いはしっかりと相手に届いた。


という流れです。


これを見て、どのような視点で意見を持つかが「切り口」です。

スポンサードリンク


切り口:1

この動画のように、私もいじめを目撃することになったら、勇気を持って止められるような人間になりたい。

切り口:2

父の死がなければ、勇気を持つことができない、気付きもなかった。ということは、ほとんどの少年が主人公のようには、振る舞えないと言うことではないか? 父の死がない状態で、どのようにすれば、勇気を持った態度を取れるようになるのか?

切り口:3

言い返せない、非力である、その状態を受け入れ自分を変えようとしない、いじめられっ子にこそ問題がある。動画のように第三者が何かを施してくれなければ、己の現実を変えられない力の無さが問題。

気に入らない現実があるのなら、環境を責めたり周囲のせいにしてもどーしょうもない時がある。気に入らない現実は、自分が変わることで変える。そのような受け身ではない人生を送る姿勢こそが、いじめなんぞを跳ね除ける精神的なパワーになるのではないか。

とこんな感じで、切り口は一様ではなく、あなたの考え方次第で色々あるはずです。


経験がないのなら、映像や著作物、ネット上の情報を自分なりに吸収して、それに対する反応を書くより方法はない。


その上で、一番、気楽だろうと思われる「動画」を今回は紹介しているわけです。


ビデオを見て、感じたことを書いているというスタンスで文章を書いても良いだろうし、動画の物語を自分が実際に体験した話として、書いてしまっても良いだろう。多少変えた方が良いかも。父の死ではなく、仲良くして貰ってた文房具屋のオヤジの死とかに変えて。

人権作文 最後に

今回は、youtubeにアップされていた動画をパクるというか、参考にして人権作文を完成させる方法についてお伝えしました。


最後まで読んでくれたあなたは、気づいたでしょうか? youtube動画が参考になるのだったら、他にも参考になりそうな映像物はいくらでもあるという事実に。


そうです。ドラマとか映画とか、これまでにもたくさんのいじめを題材にした映像物は、世に発表されてきました。自分の体験がないのであれば、それら創作品の体験を目から吸収して書くと良い。


本を読んだり、ネット上の情報を探す行為が面倒な人には、オススメの作戦です。

スポンサードリンク