どうも管理人です。

 

負けるんじゃないかと予想していたんですが、見事勝利できましたね、おめでとうごぜいます。

 

この記事では、見終えたばかりの日本対オーストラリア戦の感想を記していきます。

 

新星・井手口の活躍

井手口は良い。

 

代表デビュー戦から継続して眺めているが良い選手だ。

 

まず身体が良い。バネがあり相当に速い。

 

んでもって、視野が広い。

 

ボール奪取能力だけでなく、遠方へのボール供給も良い味出していた。

 

ゴールシーンに関しては、正直あまり驚きはない。

 

あれだけのスピードがあり、スタミナもあるのだから終盤で仕掛けられたら、止められなくて当然だろう。

 

そしてキック精度も高いから、今後も日本代表の得点シーンを何度も作っていく選手になるだろうと予測できる。

 

前半の圧倒的な動きの質を見て、将来的にとんでもない活躍をするだろうな・・・と思っていたが、まさか今日の試合で決定的な仕事をするとは予想外だった。

 

浅野のドリブル

ゴールは良かったが、まるで進歩を感じられないのが浅野のドリブルだ。

 

中田浩二や中山雅史に松木安太郎と、現役時代、ろくなドリブルをしてなかった連中は口を揃えて「良い仕掛けですね」と評価していたが

 

は〜〜〜?

 

としか言いようがない。

 

正直、ぜんぜん自分のリズムでボールを運べていない。

 

抜けるドリブルになってない。

 

変なタイミングでボールだけが足元から離れて、てんで突破できる可能性が感じられない。

 

抜くドリブルの基本は、ボールと一緒に突っ込むor相手の重心の反対に突破するドリブルだ。

 

ボールだけが先行して、それを追いかけるドリブルでは相手も反応しやすいし、さすがに相手の足のほうが先に触れやすい。

 

だから、ボールと体は常に一体になって、細かいタッチの末にどん!と抜く。

 

どん!と抜くときもボールを蹴るのではなく、イメージ的には足で優しく前に押すような感じで前方への最高速度を出さなければならない。

 

ドリブルでの仕掛けに関しては、何一つ成功していないし、成功の可能性すら感じなかった。

 

一体、何を考えて練習してんだろう。

 

あんまり、深く考えていないのかそれとも、練習しても繊細なコントロールができないタイプなのかもしれない。

 

だったらさ、捨てろよ。

 

「ドリブルで仕掛ける」という行為そのものを捨て、スペースに突っ込みボールを受け、スピードで振り切るだけに専念すれば良いじゃないか。

 

なぜ、敵と対峙して仕掛けるのだ?

 

そこに対して戦略を立てていない、もしくは不得手なら、なぜやるのだ?

 

長谷部が残念

まだまだ本調子じゃないんだろうか。

 

ミスを連発し、途中、ボールを打ち上げているシーンは笑ってしまった。

 

判断が遅い。彼のミスから失点に繋がらなくて本当に良かったね。

 

大迫の問題点

なんか、つまんねえ選手になっちまったな。

 

力に力で対抗して体張って・・・

 

そういう選手だったか?

 

相手を背にした状態でボール受けても、力感なくスルッと反転してさりげなくゴールを奪うような選手じゃなかったっけ?

 

ゴールの臭いがしないFWなんて、正直、これからの日本代表には要らないって。

 

そんなFWでは、歴史を繰り返すだけだ。

 

低重心ではなく、高重心で、そして力でなく体を柔らかく使うことで、松木などが褒めているポストプレーも、もっと容易くできるようになるはずだ。

 

その上、ゴールも狙える選手に進歩するはずだ。

 

同じリーグのレバンドフスキーの体の使い方なんかを見てりゃ、身体操作の本質に気づきそうなものだが、なかなか体に染み付いた感覚からは抜け出せないのだろうか。

スポンサードリンク